恋愛心理学で片思いを両思いに!

恋愛心理学を使えばより簡単に恋が叶うはず。

心理学で恋愛を思うがままに

心理学にはいろんな分野がありますが
恋愛に関する心理学も日々進展しています
その恋愛心理学を学んでいけば恋愛もうまくいくでしょう

 

人の印象は出会って3回会う間で決まる

心理学で、“スリーセット理論”というものがあります。人は出会いから3回目までに、その人との関係性が決定されるというものです

3回目でギャップを魅せることでイメージが変わることもあるので、ギャップを狙うなら3回目までが良いでしょう。

初めて逢ったときは、外見や話し方、しぐさ、話の内容などから、第一印象を決めます。
そして2回目に会ったとき、1回目会ったときのイメージが正しいものなのかを確認します。
最後に3回目で、2回目に会ったときの印象を確認して、その印象を固定化します。

 

好意を与えると好意が返ってくる

相手から好意を示されると、同じだけの好意を返したくなる「好意の返報性」があります。

好意の返報性とは、
人は他人から好意を受け取ると、その相手に好意を返したくなるという心理のことです

好意を伝えるのはさりげなくが効果的

笑顔で接したり、相手を名前で呼んでみたり

自分の気持ちが抑えられないほど、人を好きになった。そんな好きな人にさりげなく好意を伝える事で、告白の成功率が上がる

 

悩みを打ち明ける

悩みを持ちかけるという行為は相手を認めて信頼し尊敬した相手に悩み相談をします。悩みを相談することで相手を信頼しているというメッセージを伝えられる

自己開示は人に親近感や安心感、また愛情さえも芽生えさせる作用がある。
むしろ、恋人同士になるためには、自己開示は必須事項で、 欠かせないことである。

自己開示とは自分自身のことについて相手に打ち明けること
自分が自己開示すると相手も自己開示する可能性が高くなるといわれる

 

言葉や態度に表れる脈ありサイン

言葉に表れる脈ありサインのひとつとして、一人称を多用すること
例えば会話の中で「私が」「僕が」などの一人称を多用しているのであれば「自分に興味を持ってもらいたい」と思っている

もしも、話し相手が、目をそらさずに、3秒以上じーっと見つめてくるというのであれば、興味がある証拠。あなたのことを好きな可能性が高い

他にも、あなたと話している異性が、顔と体ををあなたの方に向け話をしていたり、少し前かがみになってあなたの話を聞いているなら、相手はあなたに興味があるということです。
これをブックエンド効果と言います

 

デートの誘い方

飲むのとカラオケどっち派?と聞く

二者択一がポイント

すると相手は、「飲む方かな」 「カラオケが好き」 というふうに答えてくれるはず。
これによって、さらに話を進めることができます。

「じゃあ今度一度飲みに行こうよ」
「それなら、今度カラオケいこう」
これで、相手はカンタンに断れなくなります

二者択一にすることで相手は自由があるように感じます。
でもそれは、実はどちらを選んでも、あなたが望む結果になるんです

1度でも要求を飲むことで相手は次の要求も飲んでくれる確立が高くなるので、最初は小さなお願いから始めて行く

例えば、服を買いに行くから似合う服を探して欲しいと理由付けをし、
その後、カフェに行ったり、映画館に行ったりする
これをフットインザドアと言います

最初に断られる前提で大きな要求を仕掛けて、その上で本当の目的だった小さな目的を通す。これを「ドアインザフェイス」と言います

 

初めてのデートは短めに

恋愛心理学的には最初のデートこそ時間を短くした方が相手の気持ちを刺激すると言われています。好きな人と長くいたい気持ちはわかりますが焦らずに

初デートは短めにしておくことで、「また会いたい」とお互いが思うような状況になることが1番ベストです

初デートはあくまで次の予定を立てる場所です
映画館などよりはカフェなどでちょっとおしゃべりぐらいがいいでしょう

 

聞き上手になる

コミュニケーションで大事なのは「話すこと」より「聞くこと」

聞くことで相手を知ること、理解すること、認めること、助けること、人間関係を向上させることができる大切なことなのです

あいづちはコミュニケーションをスムーズにしてくれる潤滑油のようなものです。
そしてあいづちのパターンを増やすことで、相手から色々な話を引き出すことができる

「あぁ!」
「いいですね!」
「うーん、それはひどい・・・」
「エーッ!すごい!」
「オー、なるほど」
この「アイウエオ+ひと言」の基本の組み立てを知っているだけで雲泥の差

でも、結局大事なのは思いやり

聞き上手になるにはさほど難しくはありません。相手によく思われたいという気持ちは誰にでもあるものですが、大事にするべきは相手のことを思いやり、考えること

 

上手な褒め方

その人自身は気づいていない長所を教えてあげると、非常に喜ばれます

相手が気づいてないような長所や、ちょっとしたアクセサリーや思いやりの気持ち、行動や態度に対して 褒めてあげるのも有効です。

美人に「あなたは美人ですね」と褒めても効果は少ないということ
あまり褒められたことのない所を褒めれば、相手はあなたが「自分に興味がある」と気づく

 

パーソナルスペースに入る

人にはそれぞれ「近づいてほしくない距離」というものがある
これは心理学でパーソナルスペースと呼ばれている

好きな男や女へのパーソナルスペースへの侵入は 恋愛対象として意識されやすくなる結果となる

自然にパーソナルスペースに入るには
映画館やドライブ、
食事時にカウンターに座ると良い

このパーソナルスペースを使った恋愛テクニックとして、食事のときにカウンター席を使ったりすることで、相手のパーソナルスペースに近づき、親近感を増すことが期待できるのです。

 

ギャップは印象に残る

最初の印象をさげて、後の印象をあげると、評価が『より』上がる、という心理効果のことをゲインロス効果と言います。

普段の姿からは想像も出来なかった意外な一面を見ることで、女の子は男の子にときめいてしまう

男女共ギャップに弱いということがわかっています
いつもはしっかりしている女性が特定の男性の前だけで甘える表情を見せると
「自分にだけ特別な一面を見せてくれている」と感じます。

 

告白は出会ってから3ヶ月以内

出会ってから3か月以内に告白をして成功したのが約41%、4~12ヶ月以内だと約11%、13ヶ月以上になると約35%の成功率。告白を成功させるには3ヶ月以内にすると有効

単純接触効果とは、何度もくりかえし接することで、好感を持たれるようになるという効果

告白する前に出来るだけ会う回数を重ねましょう
大事なのは一回のデートの時間よりも会う回数です

単純接触効果で親しくなってから告白

焦らずじっくりと

成功率が高いタイミングを逃さずにどんどん告白するようにしましょう。そのタイミングは、端的に言うと「友達認定される前」

 

告白が成功しやすい時間帯

黄昏効果を狙うといい

人間の思考力や判断能力は、夕方になると疲れや周囲の暗さが相まって、激しく低下するという効果

相手の気持ちを聞き出したり告白するのに最適な時間
また、日が落ちてだんだん暗くなることで外見に自信のない人にとっては狙い目

 

恋愛心理学で恋を成就する

恋人になればそれで恋は終わりではありません
カップルになった後も仲良くいられるように
相手を思いやりお互いを大事に思う気持ちを育てていって下さい
その時もいろんな恋愛心理学は有効だと思います