気になるあの人を振り向かせる恋愛心理学

恋愛って難しいですよねぇ。好きな人を振り向かせるって難しいですよねぇ。少しでもこれを読んでくださっている方のお役に立てればいいなぁ。

相手と親しくなる方法はいくつかありますが、何といっても、相手の目に入るところにいること。そして、話をするなど直接接触することです。

自分と何か共通点がある人に対して、人間は親しみを感じます。
ですから会話では積極的に双方の興味や関心事などについて情報を交わし、共通点を見つけていきましょう。

「類似性による親近効果」というのだそうです。たしかに共通点が多ければ多い程、仲良くなれますよね。

 

心理学の実験によれば

自分の個人情報を開示すればするほど、あいてへの好感度は増します。
逆に、あなたの個人情報を得るたびに、あいては、あなたへの好感度を増します。

「自己開示」というテクニックらしいです。これには性差があり、女性は男性より自己開示をたくさんするそうです。そのことにより、好きな気持ちが高まりやすいのは女性だそうです。また、いきなり深い自己開示は避けた方が良いみたいです。相手がどん引きしますからね。

 

相手が何かとドキドキしている状態のときに一緒にいると、相手は自身の生理的興奮を性的興奮と認知し、あなたに好意を抱く可能性が高まる

有名な「吊り橋効果」ですね。しかし、一緒に吊り橋を渡るなんてなかなか無いことです。なので、一緒にスポーツをするというのが現実的な作戦でしょう。是非、意中の人とジョギング等をしてみてください!

 

「相手と同じ動きをするだけ」

相手が手を動かしたら、あなたも手を動かす。
相手が首を動かしたら、あなたも首を動かす。
相手の動きをマネするだけで好感を持ってもらい、恋愛にも有利に働きます

「ミラーリング」というテクニックです。自分と同じ行動や思考を持つ人に対して、私たちは無意識に好感を持ってしまうようです。

 

「相手の横に座ること。」

横に座った場合、振り向かないと顔が見えませんが、この方が敵対意識をもたれることなく、親密度が上がります。

真正面に座ると無意識のうちに敵対意識を持ってしまうようです。なので、横に座っておしゃべりをしましょう。

 

相手が返事を書こうとする時、いちいち内容を考えなくても楽にサッと返事が出せるようなメールを書くこと、これが一番大切なポイントではないでしょうか。

「必ず返事ください」等の強要する言葉はNGだそうです。まぁ当たり前ですが。しかし、恋に盲目の状態になっているとこういう基本的なことも忘れがちになるのではないでしょうか。

 

あなたが好意を持っている人に対して好感度をあげるには、話を聞くことが一番です。

「積極的傾聴(アクティブリスニング)」をすることが効果的だそうです。ただ、相手にもっと話をして!と要望するのではなく、相手も自分も会話が弾んで楽しいと思う雰囲気作りが重要のようです。

 

人間が思う、対人関係の一番の感心とは、【他人から認められたい】という欲求です。

これを「自尊の欲求」というのだそうです。人間は不思議なことに自分のことを一番に評価してくれる人に対して、高く評価してしまう傾向にあるそうです。試しに意中の人にさりげなく「あなたが一番」だという趣旨の言葉を投げかけてみてはどうでしょうか。

基本的なことばかりでしたが、多くの恋愛テクニックを持つよりも基本的なことをしっかりと押さえて、自分の気持ちを相手に届けることが重要なのだと思います。