結婚相手との出会いきっかけランキング5

1)第1位:職場

結婚相手と職場が出会いのきっかけだったという人は27.7%で第1位。

「職場恋愛から結婚しましたね。付き合っているときはそれを隠すのが大変でしたよ」(Iさん・32歳男性/教員)

(2)第2位:友人

結婚相手との出会いで2番目に多かったのは、知人・友人で20.5%という結果。

「バーベキューとかやると、友人の友人とかとも仲良くなれるじゃないですか。そういうのがきっかけで友達になって交際に発展して、結婚しましたね。私の友達もそういう人けっこういます」(Rさん・33歳女性/主婦)

(3)第3位:インターネット

3番目に多かった結婚相手と出会ったきっかけはインターネットを通じてで、9.0%。

「ネットゲームがきっかけで嫁と出会いました。僕以外にもオフ会とかそういうのがきっかけで恋愛に発展した人を何人か知ってます」(Uさん・34歳男性/自動車整備士)

4)第4位:専門学校・大学・大学院

4番目に多かった結婚相手との出会いのきっかけは専門学校・大学・大学院で9.0%でした。

「大学生のころに出会って、25歳で結婚しましたね。同じゼミの仲間で結婚した人やサークル仲間で結婚した人とか何人かいますよ」(Aさん・29歳男性/IT関係)

(5)第5位:コンパ(街コン等含む)

5番目に多かったのはコンパ(街コン等含む)で、7.2%でした。

「私の場合、合コンの相手でしたね。初めて目が合ったときにビビッときたんですよ。あ、この人と結婚するって」(Kさん・34歳女性/主婦)

 

ビビッときたら結婚の予感?

今回は結婚相手と出会いのきっかけや馴れ初めについてご紹介しました。出会ったときにビビッときて結婚したという話はけっこう多く、半分くらいの人たちが不思議な感覚を体験しているようでした。

お互いに恋人がいたけど、結局ビビッと来た人と結ばれたという話もあり、縁というものを考えさせられました。

もしビビッと来た人がいたら、その人との関係は大切にしたほうがいいかもしれません。